スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

援軍処理再考〜更なる高見へ〜

こんにちわ、MSHRです。

最近いろんな方が戦術に関する記事を書いてくれて、とても参考になっているんじゃないかと思います@w@
どの戦術でも援軍処理は必ず最初にやるように書かれているのでもう一度確認してみましょう!

援軍処理の手順

①釣出し

これをしなければ援軍処理は始まりません。偵察の画面でクランの城の反応範囲を確認して全ての援軍をつり出せるようにしましょう。また、既に他の人が攻めたリプレイがある場合は必ず参考にしましょう。
タウンホールのレベルが高くなってくると施設や壁の量が増えて援軍を釣出しにくくなっているので、釣出し用のユニットを増やして不足の事態に備えましょう。

chat01

ジャイアントを使って釣出しを行うと安定して釣出しが出来ますね。
でも、リプレイを参考にすればバーバリアン数体で釣出す事も可能です。
事前情報を最大限集めて釣出し用ユニットを減らして攻撃用ユニットを増やしましょう!

chat01

②誘導

意外と大事なのがこの「誘導」です。防衛施設の攻撃が届かないところまで引付けるのはとても重要です。
必ず防衛施設の攻撃が届かないところまで引付けましょう。さぁ、後は敵の援軍を倒すだけだ!と思ったそこのあなた、周りに防衛施設じゃない施設はありませんか?例えばキャンプなどですが、もちろん防衛施設ではないので攻撃をしてくることはありません。しかし、こちらの出したユニットの攻撃ターゲットが敵の援軍ではなくキャンプに向いてしまい、その隙に逆に敵の援軍に倒されてしまいます。防衛施設の攻撃範囲外に誘導ができても安心しないでもう少し遠くまで誘導しましょう。角まで誘導できれば安心ですね@w@b

chat01

さぁ、やっと敵の援軍を倒せるところまできましたが、後一手間加えるだけで後の殺処分が楽になることがあります。敵の援軍が出てくる時は1体ずつ順番にでてくるので誘導する際にバラバラになってしまいます。また敵の援軍の兵種が複数いる場合は移動速度の違いからさらにバラけてしまいます。このまま角まで誘導しても効率良く殺処分が出来ません。
バラバラになった敵の援軍を再びひとつにまとめましょう。そうすることで、後の殺処分が楽になります@w@

chat01

③殺処分

ここをうまくできるかによって星が2つか3つか運命の分かれ道になります。
敵の援軍の構成としてよくあるのがアーチャーとウィザードですね。アーチャーの攻撃対象は単体ですがウィザートの攻撃対象は複数になっているので一カ所にユニットをまとめて出すと返り討ちに合います。絶対にやめましょう。自分の援軍を使って敵の援軍を倒そうとすると、自分の援軍は一カ所にかたまってしまうので絶対にやめましょう。
ほとんどの人がアーチャーやウィザードを使って敵の援軍を倒していると思いますが、いきなりウィザードで囲って倒そうとするのは愚の骨頂なのでやめてください。何体かウィザートが犠牲になりこちらの攻撃力が下がります。ここで重要なのは如何に自分のユニットの犠牲を少なく短時間で倒すことができるかという事です。では、どうやって犠牲を少なく短時間で援軍を倒すのでしょうか?その方法を紹介したいと思います。まずは、簡単な方からしょうかいします。

攻撃範囲の広いアーチャーですが、あえて敵の援軍の近くに出します。この時10体ぐらいつかって周りを囲んでしまいましょう。その後ろからウィザードを2,3体出すとアーチャーが壁になっている隙にウィザードが敵の援軍を一掃してくれます。

chat01

chat01

この方法を使えばアーチャーは少し犠牲になりますがウィザードを犠牲にすることなく敵の援軍の殺処分ができます。アーチャーの収容スペースはウィザードの1/4なのでいきなりウィーザードで囲む方法より犠牲が少なくすみます。しかし、アーチャーを大量投入しなければならないので角の施設を壊すようのアーチャーを残せない場合もあります。そこで、もっと犠牲の少ない方法を紹介します。

まず、バーバリアンを敵の援軍のすぐそばに2体出します。この時2体の間隔は少し空けておきましょう。重ねて出すと一度に倒され2体出した意味がなくなります。その後ろからウィザードを2,3体出すとバーバリアンが壁になっている隙にウィザードが敵の援軍を一掃してくれます。しかし、バーバリアンを2体しか出していないので壁が途中でなくなる可能性があるのでその時は壁となるユニットを追加しましょう。

chat01

chat01

chat01

この方法で自分のユニットの犠牲を少なく短時間で援軍を処理する事が出来ます。ちょっと難しいので練習が必要になると思いますが、がんばって練習しましょう@w@b


ワンポイント

これは配置によるのですが是非心に留めて欲しいことです。それは、誘導する場所です。紹介した殺処分の方法を行えば援軍処理時にユニットの犠牲は少なくすみますが、援軍処理を終えたユニットは放っておくとすぐに防衛施設に狙われてしまいます。せっかく犠牲が少なくなるようにしたのにもったいないですね。そこで、攻め始めようとしている後方に誘導して援軍処理を行うようにしましょう。そうする事で援軍処理に使ったユニットがそのまま攻めに使えるのでユニットが無駄死にする事がありません。すばらしい@w@b

最後に自分がうまく出来た援軍処理の動画を載せるので是非見てみてください!この援軍処理を我がクランのスタンダードにして☆3っつをバンバン取っちゃいましょう@w@b



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。